読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空のせい。

f:id:Mahalo1966:20170211123411j:plain

 

昨年の秋に続いて二度目の鹿児島。送迎の車で橋を渡る時に微かに桜島の裾野が見えたけれど、そこから上は曇って全貌は今日は見えなかった。秋に来た時は快晴でまるで今日の鹿児島は別の街に来た印象だった。

 最近、仕事の関係でこうして全国各地を定期的に訪れている。そしてそこで全国各地から集まる同じ顔ぶれの方々と会い、ディスカッションをして、夜は土地土地の美味い店で飲む。そんなパターンが二年ほど続いてる。

 

最近は少し慣れたが、行った先々に同じ顔が並ぶことが妙な感じがした。北海道でも沖縄でも指定の場所に行くと同じ方々が迎えてくれる。全国各地から各自がそれぞれの手段で移動してホテルを取って集うのが基本形。やはり初めての土地は少し緊張感があるのだが、馴染みの顔を見つけると一気に和む。9月に札幌で会った鹿児島の方に、ようこそ!いらっしゃい!と肩を叩かれた。これは何とも嬉しい瞬間だ。言葉も顔付きも肩書きも暮らしのセオリーも微妙に違う者達だけれど不思議な連帯感で繋がる。

 

昨夜は鹿児島の天文館の和食屋さんで黒豚しゃぶしゃぶを美味しく頂いた。皆が旅慣れているせいか、旅先の話とそこでの仕事の話、そして自分の地元ネタで盛り上がる。基本的に男のみの集団なので、二次会は女性のいる店に流れるのだが、女性との会話よりも一次会の話の続きで夜が更けることが多い。それは正に視野が広がるという言い方がぴったりとする時間であり、貴重な体験だと思っている。

 

小さな島国…なんて言葉があるが、僕にはこの国はまだまだ大きい。訪れたことのない土地がまだまだ沢山ある。仕事であってもプライベートであってもいいが、そんな未踏の土地への興味は尽きない。

 

そう言えば、ホテルで明け方に夢を見た。とても平和で優しい気持ちに溢れる夢だった。接点のあるはずのない知人や友人同士が壁の前に5、6人並んで、穏やかな顔で楽しそうに談笑していた。それを僕は満ち足りた気持ちで眺めていた。その壁の向こうには高い椰子の木があった。昨日 海に近い通りで眺めた椰子の木かも知れない。椰子の木は寒そうだったけど、とても癒された。何か昇華して行くような癒しを感じた。それが夢に現われたのだろう。

 

空港行きのシャトルバスで九州自動車道を走りながら短い旅の記憶を整理していると、意外に早く空港に着いた。

 

馴染みの店で黒豚汁定食を平らげ、土産を買って早めにセキュリティーを抜ける。

 

紫色にカラーリングした知らない会社の飛行機が飛び立って行く。

 

アナウンスが奄美行きやら沖縄行きを案内している。羽田行きを島行きに変更したい衝動にかられる。きっと東京は寒いだろう。

 

鉛色だった空がきれいな青に変わった。

まだ、離陸までに随分と時間がある。

 

とりあえず、ビールだ。

 

これは不可抗力だ。青空のせいだ。

 


したかない…。(o^^o)